保護した猫はガンでした。春までもたないかも…と言われたけれど奇跡をおこす物語 ①保護編

ぱっつんオカッパ頭の『福ちゃん』との出会い~おうちに入るまでの紹介です。

約7年、野良猫だった福ちゃんを2017年10月15日に冷たい雨にうたれて弱っているところを保護しました。
保護した当初は、片目消失、貧血、脱水症状、黄疸、猫シラミ、栄養失調などの症状で命の危険がありすぐに入院しました。
何よりも問題だったのは、左後ろの足先に親指大のジュクジュク化膿した腫瘍がありました。それは「ガン」との診断でした。。。
治療する上でベストなのは片足断脚した後に抗ガン剤での治療とのことでした。
もう一つの問題は、片目を閉じるには涙腺がまだ残っている為に手術が必要でした。
ただし、これらの手術をするにしても、すでに腎臓の数値が悪く弱っているカラダに麻酔をかけるリスクがありました。
そして、先生が言うには「このコ、治療をしても春までもたないかも。。。」という悲しい宣告でした。

いろいろありましたが、その後の福ちゃんは先生も驚く回復ぶりで奇跡を起こしました。
それは天国に旅立ってしまった大好きな『クロちゃん』の「支え愛」があったからこそ福ちゃんは元気になれたのだと思います。
クロちゃんと福ちゃんの関係は、とても愛情深くお互いがなくてはならない大切な存在でした。

福ちゃん物語「①保護編」「②闘病編」「③試練編」の三部作です。
あわせてご覧ください!

◆福ちゃん物語「②闘病編」◆
  Coming soon

◆福ちゃん物語「③試練編」◆
  Coming soon

猫好きの皆さま仲良くして下さい。
チャンネル登録 お待ちしてます。
どうぞよろしくお願いします(=^・^=)♪♪